インプラントの種類にはどのようなものがあるか

インプラントには、実は100種もの種類があります。それは、さまざまな形状があり、メーカーなどによってそれぞれ特徴があるからです。そして、人によってぴったりなインプラントの種類は違ってきます。主な種類には、スクリュータイプ、バスケットタイプ、シリンダータイプ、ブレードタイプの4つがあります。スクリュータイプといえば、ネジのような形状をしています。このスクリュータイプは、さらにルートタイプとストレートタイプに分けられることになります。たとえば、バスケットタイプのインプラントには、ネジに似たらせん状のものが付いています。この形状は、顎の骨とがっちり結合させられるようになっています。ただし、強さの面では少し心もとないので、最近ではあまり使われていません。現在、主流となっているのは、スクリュータイプとシリンダータイプのインプラントです。どちらも顎の骨に埋め込みやすいという特徴があります。もう一つのブレードタイプは骨幅が狭いところにも使用できるというメリットがありますが、破損しやすいといったデメリットがあるので今ではほとんど使われていません。

歯医者 埼玉
人気の歯科クリニックをご紹介!

大阪 インプラント
歯科用CTを始め手術室など設備も全て完備しているので、安心して治療を受けることが出来ます。

山口県宇部市《あいおい歯科》インプラント矯正
最新の設備が完備されています。

さいたま市 歯科
親切丁寧な対応で終始安心していただけるお医者さんです。

関連menu

更新情報

ボックス画像1

インプラント(人工歯根)治療には、顎の骨がしっかりしている必要がありますが、患者の中には骨の量が不足

インプラントを埋め込むには、顎の骨が需要です。

ボックス画像2

最近は歯がなくなってしまった方などは、インプラントの手術を行い人工的な歯を手にいれる方が増えています

インプラントは快適な人口の歯になります。

ボックス画像3

インプラント(人工歯根)は第三の歯と呼ばれ、自然歯と見た目・噛む力は遜色ありません。歯科嫌いの人は多

インプラント治療には、しっかりした骨が必要です。

ボックス画像4

インプラントは高額な費用が必要な治療方法です。そして、その治療費には健康保険が適用にならず、全額自費

インプラント治療のために必要な費用

Copyright© インプラント All Rights Reserved.

インプラントの種類にはどのようなものがあるか